ミニ掲示板(BBS)


  • ★お気軽にどうぞ★

最近のトラックバック

カテゴリー「書籍・雑誌」の21件の記事

2009/05/29

ペイントツールSAIの解説書を買ってみた。

『ペイントツールSAI』は私がお絵描きで愛用しているソフトで、手書きのようにさらさらっとキレイな線が描けるだけでなく操作も簡単でほぼ直感で使える点がお気に入りなんですが、全ての機能を使いこなせていないと常々思ってました。
最近、SAIの解説書を近所の書店でも見掛けるようになったので、ぱらぱらっと立ち読みの末、この本を買いました。

良い本です。本は2ですが、1を買わなくてもこれ一冊でも大丈夫。
絵師さんのメイキングも目からウロコな部分があって大変参考になるのですが、後ろに乗ってるチュートリアル(使い方)が分かりやすいです。知らない機能がいっぱいある事に気が付いてしまいました。
常々疑問だった直線や円の書き方が判明したり、テクスチャが付属CD-ROMに付いていたのでスクリーントーンみたいな使い方が出来たり、今までSAIを使ってて不満だった事(やり方を知らなかっただけですが)がほぼ解決してしまいました。

この本を参考にして、これからもスローペースながら気長にお絵かきしますんで暖かく見守って下さいませ。

2009/03/15

3/14 ドアラとつば九郎の発刊記念イベントに行ってきました。

Doala00

さて、昨日の記事は何だったかと言うと、
ドアラのへやつば九郎のおなか
中日ドラゴンズの"ドアラ"とヤクルトスワローズの"つば九郎"が本を出した記念のイベントに行ってきたのでした。

以下、写真がいっぱい続きます。

続きを読む "3/14 ドアラとつば九郎の発刊記念イベントに行ってきました。" »

2009/03/01

ドアラ本『ドアラのへや』出ました。買いました。

ドアラブームも落ち着いた感のある今日この頃ですが、新たなドアラ本『ドアラのへや かくてんしんこくむずかしい』が出ました。
ドアラ関連本は今まで3冊
『ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ』
『公式ドアラ写真集 ドアラ☆チック』
『ドアラの九州旅日記』
が出ているんですがドアラ著としては第2弾なこの本。

ドアラのへや
ドアラのへや
posted with amazlet at 09.03.01
ドアラ
PHP研究所

ドアラがみなさんのお悩みに一言(一筆?)で答えたり、名古屋の「コメダ珈琲店」で"シロノワール"を食べたり「あつた蓬莱軒」で"ひつまぶし"を食べたり(どちらも名古屋名物で美味しいです)、2008年の写真がたくさん入ってたり、ヤクルトのつば九郎と会談したり、ドラゴンズの英智選手のインタビューがあったりと楽しい内容になってます。
気が向いた時にぱらぱらとめくると幸せになる、かもしれません。

ドアラのゲーム
『ドアラでWii』
も近々出るみたいだし、今年もドアラは面白い、かも。
でも、Wii持ってないので私はこれは買いませんけど~。

今年もドアラを細々と見守っていこうと思うの私なのでありました。

2008/03/18

ついに刊行『風前の灯! 冥王星ドーム都市』

東京創元社メールマガジン(2008年3月17日発行)より

『風前の灯! 冥王星ドーム都市』 野田昌宏著
〈キャプテン・フューチャー全集・別巻〉シリーズの名訳者が書いた幻の オリジナル長編を初めて書籍化。

創元SF文庫より2008年5月刊行予定。

わ~い!ついに念願の野田昌宏バージョンのキャプテン・フューチャーが拝めます。
詳細は東京創元社キャプテン・フューチャー全集特設ページにて。

2007/02/05

祝!キャプテン・フューチャー全集完結!!

ついに〈キャプテン・フューチャー全集〉の最終巻が発売されました。

鉄の神経お許しを 他全短編キャプテン・フューチャー全集11
エドモンド・ハミルトン 野田 昌宏 他
東京創元社

2004年8月から発売されていた〈キャプテン・フューチャー全集〉もとうとう完結しました。
子供の頃から大好きだったキャプテン・フューチャーが最後まで、それも時系列順で読める有り難みを今ひしひしと感じてます。
最終巻の11巻では、私にとっては幻の〈キャプテン・フューチャー・ハンドブック〉でしか読む事の出来なかった全短編が収録されています。さらに原雑誌に掲載されていたコラムも収録、巻末には詳細な解説と作品リストが載っていて嬉しい限りです。
でも、これでフューチャーメンともお別れだと思うと寂しいなあと思っていたんですが……

何と!
〈キャプテン・フューチャー・ハンドブック〉に一度きりで掲載された野田昌宏さんの『風前の灯! 冥王星ドーム都市』が〈キャプテン・フューチャー全集・別巻〉として刊行決定!
鶴田謙二さんの〈キャプテン・フューチャー全集〉のイラストが画集となって発売決定!
(詳細は東京創元社のキャプテン・フューチャー特設ページにて)
と、キャプテン・フューチャーはまだまだ終わりません!
東京創元社さんありがとう!楽しみに待ってます。

これで日本でアニメ版DVDが出てくれれば言う事無いんですが、やっぱ諸般の事情で無理なんでしょうか?
こうなると、11巻の解説に書かれていた日本語音声も入っているというイタリア版DVDが欲しいなあ。
でもイタリア語が分からないので恐ろしくてネット通販で買えないです(しょぼん……)。

2006/07/22

タイトルだけ見て笑ってしまったもの

1. まずは現在公開中の映画「日本沈没」。

Bnr_nc06m公式サイトへのリンクです。
私はたぶん映画は見に行きません。


2. つぎに発売中のコミックス「日本ふるさと沈没」。

日本ふるさと沈没
日本ふるさと沈没
posted with amazlet on 06.07.22
鶴田 謙二 他
徳間書店 (2006/06/30)
日本ふるさと沈没」の紹介サイトはこちらです。 ある意味豪華でマニアックな作家陣による故郷が沈没したらを描いたアンソロジーだそうです。


3. 最後に今年の初秋公開予定の映画「日本以外全部沈没」。

日本以外が全部沈没ですか?(笑)
ちゃんと原作があって、原作は筒井康隆だそうです。
これについてはExcite Bitニュースの記事にリンク。

2006/03/24

「とんがり帽子のメモル アートワークス」が出ました!

ついに「とんがり帽子のメモル アートワークス」が発売になりました。
memoleart
これは84~85年に放送されたアニメ「とんがり帽子のメモル」の20周年を記念して出版されたもので、「メモル」の放送当時から現在までのイラストを集められるだけ集めた本です。

内容についての紹介です。

1. New Art Works

「メモル」公式サイトやDVD-BOXなどに使われた名倉靖博さんの新作イラストを全収録。
これだけでも買った甲斐がありました。

2. Memorial Art Works

放送当時のアニメ誌掲載イラストやアイキャッチ・エンディングイラストなどを収録。

メモルの世界観を作った美術デザインの土田 勇さん。
かわいいキャラクターデザインが大好きでした、名倉靖博さん。
「ベルサイユのばら」や「聖闘士星矢」でお馴染み、艶やかなイラストの姫野美智さん。
女性らしい視線で描かれたイラストの只野和子さん。
「銀河鉄道999」などでお馴染みの小松原一男さん。

名倉靖博さん以外の方のアニメ誌掲載のイラストはもう見ることが出来ないと思ってたので嬉しいです。

3. et cetera

放送当時のアニメージュの付録紙芝居「襲われたリルル村」、掲載短編「風が生まれた日」収録。

「襲われたリルル村」は絵が土田 勇さんです。これは付録をそのまま再録したのかな?枚数が多かったのに完全収録です。

「風が生まれた日」は絵が名倉靖博さんです。名倉さんのふわふわとしたイラストが暖かいです。

4. Animation Works

準備稿、イメージボード、キャラクター設定画などを収録。
メモルの世界観が感じられます。

スタッフインタビューを収録。いかにスタッフに愛された作品であったかが伝わってきます。

他に放映当時のアニメ誌からのカットや現在発売中のDVDやCDやジグソーパズルの紹介があります。


これは買って良かったと思いました。「メモル」ファンの方はぜひ!
一つ欲を言えば、当時のアニメージュの付録の「とんがり帽子のメモル番外編 風車小屋の小さな仲間たち」というコミックスも収録して欲しかったですね。

尚、出版元のソフトバンク クリエイティブの直販ショップ SBCr shop で購入すると店頭用ポスターが付いてきます。(ポスターのサイズは小さめです)

SBCr shopの「とんがり帽子のメモル アートワークス」紹介ページはこちら

参考までに、私のブログの2004年7月11日の記事でメモルのキャラクターデザインの名倉靖博さんの「名倉靖博の世界」という本を紹介しましたが、メモル関係のイラストのダブりはほとんどありません。「名倉靖博の世界」には「とんがり帽子のメモル アートワークス」に未収録のLD-BOXやCDジャケットのイラストや当時のアニメ誌のイラストなどが収録されています。

SBCr shopの「名倉靖博の世界」紹介ページはこちら

ローカルな話ですが、「名倉靖博の世界」が三重県の桑名市立図書館にあるのを先日確認しました。地元の方でどんな本か見たい方はぜひご覧下さい。

2006/02/18

「とんがり帽子のメモル アートワークス」の詳細

大好きだったアニメ"とんがり帽子のメモル"関連のイラストを集めた本「とんがり帽子のメモル アートワークス」の詳細がSBPストアの紹介ページに載ってました。

【New Art Works】
■2005~2006年、メモル公式ホームページに連載された、名倉靖博新作イラストを全収録。
【Memorial Art Works】
■アイキャッチ、後期エンディングなどの本編用イラスト、アニメ雑誌や関連書籍に使われた懐かしいイラストを大量掲載。土田 勇/名倉靖博/姫野美智/只野和子/小松原一男の貴重なイラストが満載!
【et cetera】
■アニメージュふろく紙芝居「襲われたリルル村」収録
■アニメージュ掲載短編「風が生まれた日」収録
【Animation Works】
■初公開の準備稿、作品世界を鮮やかに描いたイメージボード、キャラクター設定画など、「メモル」制作のために描かれた大量の資料を大公開!
【そのほか】
■制作時のこぼれ話や、放映20周年の思いなど、スタッフインタビュー掲載(葛西 治/雪室俊一/佐藤順一/貝澤幸男/姫野美智/只野和子/名倉靖博)

名倉靖博さんや「メモル」に関わったスタッフの方のイラストを大量掲載、当時のアニメージュの付録(今でも持ってます)も収録。
これはもうファンなら買いでしょう♪
楽しみです♪

2005/11/21

やっと『神雕伴侶』読み始めました。

最近、旦那のご両親を週に2、3回ほど整形やら眼科やらと医者に連れて行くので待ち時間の間に本を読む事にしました。
そんな訳で『神雕伴侶』(和訳版なのでタイトルは『神雕剣侠』)をやっと読み始めました。
『射雕英雄伝』の原作を読み終わってから読むぞと決意していたので、かなり前に買った(今年の3月頃)のに読み始めるのが今頃という(^^;)

まだまだ途中ですが、ちょろっと感想など。

・『射雕』であんなに華々しかった全真教の廃退っぷりには情けなくて涙が出ますね。
弟子の育成失敗しすぎだろ~・・・

・郭靖が終南山で全真教とやりあう場面はヤーポン版郭靖で見たかったなあ。

・小龍女の問題のシーンですが、いくら目隠しされているからって相手が違うって気が付かないのかしら。
気配とか息遣いとか匂いとかで分かるだろうに~。と、思ってしまったのでショッキングなシーンのはずが淡々と読んでしまいました。

・欧陽峰と洪七公のラストバトル・・・良かったですね。
『射雕』に出てた人が出てくると嬉しくなるのは何故だろう?

・楊過ってモテモテだったのか~。魅力的な女の子が沢山登場にも関わらず、愛を貫く楊過を応援しちゃいますよ。
小龍女は・・・天然すぎて掴み所が・・・

さて今から3巻読み始めます。

2005/07/20

今頃、一巻を読んでます。

「射雕英雄伝」の一巻を読んでます。(ペース遅すぎ(^^;))
ドラマ版ってかなり原作に忠実なんですが、違う部分やエピソードを膨らませた部分があって読んでて嬉しくなります。
その1.チビ郭靖が江南七怪に武術を教わるシーンはドラマ版ではエピソードを膨らませてて良かった。
その2.チビ郭靖がコジンを助ける馬の大群のエピソードが原作では豹だったとは。
その3.馬道士が郭靖に内功を教えていたのが2年間だったとは!(ドラマ見てて1ヶ月ぐらいだと思ってましたよ)
読んでるとドラマ版がいかに原作の魅力を損なわず丁寧に作ってあるかが分かりますね~。

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

リンク(Link)


  • blogリンク

  • HPリンク

 


  • captain_future

  • 当blogに掲載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。 画像に関しては一部を除き各社・団体などに帰属します。
    画像の掲載により万が一不利益が生じるような場合がございましたらメールなどでご一報下さい。直ちに掲載を中止致します。

    このサイトにあるデータの無断転載、及び 個人で楽しむ以外の複製・使用等を禁じます。

無料ブログはココログ