ミニ掲示板(BBS)


  • ★お気軽にどうぞ★

最近のトラックバック

カテゴリー「映画・テレビ」の55件の記事

2010/09/17

テレビ(東芝 REGZA 42Z1)周辺を色々と増強したよの巻

約一ヶ月ぶりの更新です。こんにちは。
みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?

テレビを買った話は以前の記事(「テレビが来たの巻」2010/07/28)で書いたんですが、その後、スカパー!チューナーをスカパー!HD対応の物に変更(「近況、かな?」2010/08/21)しまして、さて次は?って事ですが。

スカパー!HDを録画する為のLAN接続のHDD(ハードディスク)を購入する事となり、そうすると、LANポートの数が足りなくなるのでHUBを購入。ついでに今まで使っていた速度の遅い無線ルータ(LANポートが5つ)をお払い箱にしてADSLモデムに差す無線LANカードを購入して無線化。
何やかやと線を繋げて、こんな構成になりました。

続きを読む "テレビ(東芝 REGZA 42Z1)周辺を色々と増強したよの巻" »

2010/01/06

映画「アバター」の3D版を見に行った件

「ターミネーター」「タイタニック」でお馴染みジェームズ・キャメロン監督の最新作「アバター」の3D版を見てきました。
あらすじは、
地球人がパンドラという星に鉱物資源目当てでやってきましたが、その星にはナヴィ族という先住民族がいて協力を得られずにいました。主人公ジェイク(地球人)は遺伝子操作で作られたナヴィ族と同じ姿の分身に乗り移って、ナヴィ族と仲良くなり地球人と協力を得られるように努力しますが様々な思惑がからんでうんぬんかんぬん(以下略)。で、主人公の分身とナヴィ族の女性とのラブストーリーがメインな訳ですが。

結論から言うと、監督は3D映画が撮りたくて撮ったんだよ~って感じの映画でした。
パンドラっていう異世界がまるで実在しているように見事に表現されていました。
これは3Dで見ないと勿体ないです。

ストーリーはちゃんと伏線を貼って最後に回収する展開は見事とは思いましたが、内容は特に感動しませんでした。3Dは面白いです。3D目当てにパンドラって星に観光に行くつもりで見るといいかもしれません。

ただ、見終わった後に目がどっと疲れました。
見に行った映画館の3Dメガネがくらーい物だったので、せっかくの綺麗な画面が暗くて残念でした。
3Dメガネが明るい映画館を選ぶことをお薦めします。

あと、旦那は普段からメガネを掛けているんですが、その上に3Dメガネをした所為か、3D画面があまり立体的に見えなかったそうです。視力の悪い人は要注意かもしれません。
今回の映画、旦那の辛口な採点では30点から40点(100点満点中)だそうです。

3Dは面白いのでそれ目当ての方ならどうぞ~♪

2009/09/02

とあるCM

中部地方のTVで放送されていたCMです。

2009/07/08

『ヱヴァンゲリオン新劇場版:破』を見てきました。(短文ネタバレ無し)

すみません。
エヴァは最初のTV放送から見てた人間ですが、正直、今更エヴァの映画なんてって思ってました。
でもTVで「ヱヴァ新劇場版:序」を見たらやっぱり面白くて、アナログのブラウン管なTVで見たので真っ黒くて画面がワケワカ状態だったので、続編は映画館で見ようって事になって見に行ってきました。

「ヱヴァ新劇場版:破」も面白かったです。
新キャラもおなじみのキャラもみんな登場で、昔やってたTV版とも劇場版とも違う展開で、これからどうなっちゃうの~?で終わりました。
いつ公開になるか知りませんが、続きも楽しみだー!

旦那曰く、「この前見に行った映画(6/16の記事参照)より面白かったな」だそうです。

2009/06/16

映画「ターミネーター4」の感想を少し

「ターミネーター4」が公開になったのでターミネーター大好きな旦那と見てきました。
今回は"審判の日"から10年経った2018年、スカイネットと人類が戦っている頃の話です。

で、感想を少しだけ。

映画としてはまあまあ面白かったんですが、ターミネーター・シリーズの続編して見るとイマイチでした。
うーん、何というか悪い意味でのツッコミ所が満載でした。
なんでリーダーが単独行動して敵地に突っ込んでいくのかとか(アメリカ映画はそういうの多いですが)、抵抗軍ってまとまりが無さすぎるよとか、無理矢理な設定のキャラとか、なーんか矛盾してる部分とか。
シュワちゃんが出てきたシーンは良かったんですが(今の合成技術ってすごいですねえ)。

旦那は期待が大きかった分、見てがっかりしてまして。点数をつけると脚本が悪いなって事で10点満点中の4点だそうです。

Amazonでは、もうDVDの予約ページがありますね。いつ発売なんでしょう?

2009/05/23

映画「スター・トレック」を見ました。

試写会がペアで当たったので、旦那と2人で映画「スター・トレック」を見てきました。
個人的にはすごく面白かったー♪です。
(旦那の感想は手厳しかったんですが)

スター・トレック (角川文庫 ン 72-1)
(この画像は角川文庫のノベライズ版より)

どんな映画かっていうと、海外SF・TVドラマ「スタートレック」シリーズの第一作「スター・トレック 宇宙大作戦」の映画化で、若かりし頃のカークが『宇宙船U.S.S.エンタープライズ号』の艦長になるまでの話でありながら、ちゃんとSFなストーリーあり、アクションありな作品でした。
ストーリーのネタバレがしたいけど公開前なのでしません(^^;)

今回の映画、カークとスポックの二人の成長と、友情を育むまでの物語でした。

キャスト一新でどうかなあ?と期待半分不安半分で見に行ったのですが、カークの人もこれはこれでありかなあと思いました。女ったらしなところとか、無鉄砲ですぐに現場に飛び込んじゃうところとか、カークらしくて見ていて楽しかったです。
スポックの人ははまり役でした。そっくりー!
他のメンバーも性格とか個性的なキャラとかニンマリしながら見ましたよ。
効果音もTVシリーズと同じような音を使っていたり、最後にはTVシリーズのテーマ曲が流れたり楽しかったです。
テンポよく物語も進んで、長い映画(126分)だったんですが最後まで楽しめました。

私はとっても面白かったと思ったんですが、ここで映画には手厳しいうちの旦那の感想を少し。
「長い映画だった。中盤が中だるみして腰が痛くなった。カークが艦長になる経緯がちょっと安易だ。スポックはそっくりで良かった」だそうです。
まあ確かに展開にツッコミたくなる部分もあるにはあるんですが(笑)。

過去の「スタートレック」シリーズを知っている人は予備知識無しで見た方が面白くていいかもしれません。

スタートレックって何かを知らない人は時代背景とか敵対関係とかを知っておいたほうがいいかも。ストーリー的には何となく分かるとは思うんですが、時代背景などの説明が本編に全く無いんですよ。

このキャストで続編とか作られたら、また見に行きたいなあと思うありしあでした。


参考までにリンクを。

映画「スター・トレック」日本語版公式サイト

NHK BS2で放送中のTVシリーズ「スター・トレック 宇宙大作戦」

Super! drama TV | スタートレック

2008/08/11

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」を見に行ったよの巻

今夏公開の映画で見たい作品は幾つかある(インディ・ジョーンズやポニョとかハムナプトラとか)けれど、旦那が風邪気味で咳が出て迷惑になるので映画館に行けないという事情もあったりで、気が付くと公開が終わってたり(スピード・レーサー)して、でもこれだけは見に行きたいと思って一人でふらっと行ってきました「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」。

私は「うる星やつら ビューティフルドリーマー」以来の押井守監督のファンだったりします。
だから今回も気合いを入れて見に行きました。
が、行ったのが平日とはいえ客少ねー!私の行った時間帯は5人しかいなかったし大丈夫なんだろうか?
いやいや、押井監督の作品は後で評価されたりするから~と思い直しつつ(^^;)

さて、「スカイ・クロラ」本編の内容については「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」公式サイトを見ていただくとして。
感想を少し。

・映画を見る前に公式サイトで予告編は見ておいたほうがいいです。映画本編に基本設定の説明があまり無いので、予備知識無しで見ると内容が分からないかもしれません。

・でも本編は押井監督の作品にしては、監督の過去の演出と違って分かり易いストーリー展開でした。でも、終わってみるとやっぱり押井監督らしい映画だったなあと思います。

・映画は特に盛り上がりも無く淡々と進みます。中には眠くなる人もいるかもしれません。私は今回は眠くならなかったのですが。(「イノセンス」の時は途中で眠くなりました。)

・空中戦闘シーンは迫力があってすごいです。

・キャラはのっぺりしていたので、素人が見ると作画が下手に見えます。実は上手いアニメーターばかりなので何だか損だなあと思います。意図があってこういうキャラにしたんでしょうけどね。

・音響が良いです。何気ないシーンの何気ない音が特に良いです。

・やたらとタバコを吸うシーンとお酒を飲むシーンが多かったです。

・声についてはメインの4人が本職が声優さんじゃ無い方だったんですが、役柄上これでいいんじゃないかと思いました。特に谷原章介さんの声は良かったです。

・エンドロールの後にも少しシーンがあるので、最後まで席を立たずに見ましょう。

・作品としては賛否両論真っ二つに別れるでしょうね~。
見た後、心の中に何かが残るような映画で私は好きなんですが。


映画を見る前でも見た後でもどうぞ。インタビューが載ってて参考になります。

実は原作は未読だったりします。

スカイ・クロラ (中公文庫)
森 博嗣
中央公論新社


映画を見終わって。
……あ、これってある意味恋愛映画だったのね。
もう一度最初から見たいなあ。
と、思いました。

2007/02/16

先日の連休中に行ったとことか買ったものとか

2/10~12の連休に久しぶりに旦那と二人でお出掛けしました。

その1 名古屋パルコの『サンダーバード イン ジャパン』(名古屋は2/12で終了)

サンダーバードの展示会だから期待して行ったものの、放送当時の日本で発売された雑誌やおもちゃの展示が大部分を占めてて、誰かさんの自慢を見せつけられているような気分になりました(^^;)
グッズは高くて買う気がしなかったし。


その2 映画『どろろ』

子供の頃TVアニメで見ていたうちの旦那と手塚漫画で読んだ私という原作を知っている二人で見に行ってきました。
これは原作の『どろろ』と思って見に行ってはいけない!別物と思って見るべし!
アクションが武侠ドラマみたいだとか、中盤の妖怪がウルトラ怪獣みたいでしょぼいとかはあるんですが、主演の二人の演技は良かったと思うし、でも悪役の中井貴一が一番良かった気もしますが、原作と切り離して見るとまあまあ面白かったです。
でも、原作と比べて見ると、”どろろ”は子役に演じて欲しかったし”百鬼丸”ももう少しワイルドで影のあるニヒルな俳優さんが良かったと思います。

さて、TVアニメ版の『どろろ』ですが、うちの旦那が子供の頃に見て一番怖くて印象に残っているシーンが「やろうか、チーン…」っていうシーンらしいのですが、アニメを見たことの無い私には何の事やらさっぱり分かりません(^^;)


その3 『ケロロ軍曹』ストラップ

名古屋の東急ハンズにて『ケロロ軍曹』のストラップを発見!

私「うわ~、ケロロ軍曹だあ。かわい~い、買おうかなあ」

横にギロロのストラップも並んでます。

ギロロのストラップを見てうちの旦那「俺、これ買おうかな」

私「やったあ、おそろいだね♪」

一見ラブラブ夫婦だが、いい歳なのにケロロ軍曹(^^;)

さて、ケロロとギロロのストラップを持ってレジに向かいますが更なる罠が。レジにたどり着く前に、名古屋バージョン『ケロロ軍曹』ストラップを発見!(笑)
私「うわ、なんじゃこりゃー!(爆)」
しばし手に取った後、「やっぱりこれ買うわ♪」と購入したのが名古屋バージョンケロロ軍曹でした。
これがパッケージです。
Kero1
で、これが表と裏。
Kero2_1
Kero3_1

旦那はノーマルなギロロ伍長で私は名古屋バージョンのケロロ軍曹と微妙にペアじゃ無くなってしまいました。

ところでこのストラップ。
ノーマルバージョンは対象年齢6才以上
Kero4_1
なのに名古屋バージョンは15才以上
Kero5_1
って何で?(笑)
Kero6_1

2006/08/04

あのガチャピンがブログを!

あの超有名なガチャピンが『ガチャピン日記』というブログを始めました。
ほぼ毎日更新の模様です。
ボーダフォンの店長をやった時の名刺(ガチャピンは手だけ写ってます)の写真とか麦わら帽をかぶったでっかいガチャピンの分身とか写真も載ってて楽しいですよ~。

ガチャピンって『ガチャピン&ムックの中国語教室』もやってるのね~。

チャレンジャーだ……

2006/07/22

タイトルだけ見て笑ってしまったもの

1. まずは現在公開中の映画「日本沈没」。

Bnr_nc06m公式サイトへのリンクです。
私はたぶん映画は見に行きません。


2. つぎに発売中のコミックス「日本ふるさと沈没」。

日本ふるさと沈没
日本ふるさと沈没
posted with amazlet on 06.07.22
鶴田 謙二 他
徳間書店 (2006/06/30)
日本ふるさと沈没」の紹介サイトはこちらです。 ある意味豪華でマニアックな作家陣による故郷が沈没したらを描いたアンソロジーだそうです。


3. 最後に今年の初秋公開予定の映画「日本以外全部沈没」。

日本以外が全部沈没ですか?(笑)
ちゃんと原作があって、原作は筒井康隆だそうです。
これについてはExcite Bitニュースの記事にリンク。

より以前の記事一覧

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

リンク(Link)


  • blogリンク

  • HPリンク

 


  • captain_future

  • 当blogに掲載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。 画像に関しては一部を除き各社・団体などに帰属します。
    画像の掲載により万が一不利益が生じるような場合がございましたらメールなどでご一報下さい。直ちに掲載を中止致します。

    このサイトにあるデータの無断転載、及び 個人で楽しむ以外の複製・使用等を禁じます。

無料ブログはココログ