ミニ掲示板(BBS)


  • ★お気軽にどうぞ★

最近のトラックバック

« ある日の会話 | トップページ | So-net blogオープンβサービスリリース »

2004/11/26

新選組関連の本その8

子どもの昭和史少女マンガの世界 2 昭和38年~64年
子どもの昭和史少女マンガの世界 2 昭和38年~64年という本がありまして、これが様々なジャンルの少女マンガの紹介と雑誌掲載当時のカラーがたくさん載っててとても楽しい本なのですが、その中に「天まであがれ!」の紹介がありました。
新選組物の少女マンガの代表作とも言えるので読みたいなあと思ってましたがなかなか入手出来ず、半ば諦めかけていた所、文庫版にて復刊してやっと読む事が出来ました。

天まであがれ!
そういう訳で「天まであがれ!」(木原敏江・秋田文庫)全2巻 でございます。ちなみに表紙と中身では絵柄がかなり違います。(最近の絵柄と昔の絵柄に差が^^;)

ストーリーは史実とはかなり違うし、かなり前の作品(1975年)なのでその当時の少女マンガ的な展開なのですが、沖田総司や土方歳三の生き方にはホロリとさせられます。なんといってもモノローグの切なさが・・・いいです。
この作品が雑誌に掲載されていた当時は新選組物の少女マンガがほとんど存在しなかった頃で、連載も編集さんが変わって打ち切りになったという事情があったそうですが、新選組の生き様がきっちり描かれていて良かったです。
女性が男装して新選組に入隊するエピソードの元祖はこの作品かもしれません。


« ある日の会話 | トップページ | So-net blogオープンβサービスリリース »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

新選組」カテゴリの記事

コメント

あ、「天まであがれ!」ってそういう本だったんですねー。旦那の書架の中に、ハードカバー版やら文庫本やら、同じタイトルの本がたくさん並んでいるので、よほど好きなのだろうなあとは思っていましたが(笑)。今度読んでみます。(^^)

旦那様のマニアっぷりはすごいですね~。
「天まであがれ!」って私の知る限りでは最初のコミックスと木原敏江全集と文庫版とで3種類はあるはずなんですよ~。
もしかして全部持っているのだろうか?(^^;)

昨日、旦那に聞いてみましたが、Arisiaさんが仰っているもの、全部持っているとのことでした(ただのマニアじゃん)。「天まであがれ!」って連載だったんですか? そのときの分もスクラップして持っていると言ってました(ホントか?? 少女マンガじゃないの、これ??)
今、木原敏江全集の方を読み始めました。面白いですねえ(笑)。薪売りの少女が連れ去られ、それを追って京都へ出てこようとしているところまでですが。
ご指摘のとおり、史実とは異なっているのでしょうが、そういう部分とは関係なく、サクサク読めるのがいいですねー(笑)。

れいなさんの旦那さま連載のスクラップまで持ってるとは!
かなりのマニアですね。
連載当時のって少女マンガの上に私はまだお子様で存在すら知りませんでしたよ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組関連の本その8:

« ある日の会話 | トップページ | So-net blogオープンβサービスリリース »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

リンク(Link)


  • blogリンク

  • HPリンク

 


  • captain_future

  • 当blogに掲載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。 画像に関しては一部を除き各社・団体などに帰属します。
    画像の掲載により万が一不利益が生じるような場合がございましたらメールなどでご一報下さい。直ちに掲載を中止致します。

    このサイトにあるデータの無断転載、及び 個人で楽しむ以外の複製・使用等を禁じます。

無料ブログはココログ